かちゅ~しゃ風 2ch型掲示板「かちゅぼ~ど」

かちゅ~しゃデザインの2ch型掲示板「かちゅぼ~ど」です。

katjusha.png

ダウンロード

かちゅぼ~ど

最初のリリース。まだ機能不足ですが掲示板としては動きます。

動作環境

クライアント部: 各種2chブラウザに対応。IE非対応
サーバー部:PHP7+mbstring、.htaccessでURL書き換えが可能なこと、ETagヘッダ

かちゅぼ~どの設置方法

  1. 「index.html」を開いて、titleタグにサイト名を、baseタグにサイトのURLを記述する。
  2. 「test/setting.php」を開いて、パスワードを設定する。パスワードは#から始めてね

設定が完了したらアップロードしてください。

板の新設方法

最初は板が存在しないので、板を新設する必要があります。

1. 「test/board」フォルダが、板のテンプレートとなります。
boardフォルダを一つ上の階層にコピーしてください。(testフォルダと同列に)
フォルダ名が板名となり、URLの一部となります。英数字+アンダーバー限定

2. 「index.html」を開いて、掲示板の箇所をサンプルを参考に編集してください。

※1つのカテゴリは、open属性を持つdetailsタグで囲みます。
そのタグの中には、カテゴリ名をsummaryタグに、板名板URLをaタグに記述します。

管理方法

かちゅぼ~どでは、スレに書き込むことで管理を実現します。(管理画面はないです)
名前欄に命令、メール欄にパスワード、本文欄に処理内容を記述するのが基本形です。

レスの削除

名前欄に「削除」、メール欄に「パスワード」、本文欄に「>>レス番号」で削除できます。
改行で区切って複数入力することも可能です。
「>>開始-終了」という例の記法で連続削除もできます。

スレの削除

名前欄に「削除」、メール欄に「パスワード」、本文欄に「スレのURL」。
改行で区切って複数入力することも可能。

スレッドの過去ログ化

いわゆるDAT落ち。
名前欄に「倉庫」、メール欄に「パスワード」、本文欄に「スレのURL」。
改行で区切って複数入力することも可能。

過去ログ化すると閲覧専用となります。URLは維持されます。
過去ログのパスは「/板/kako/datファイル名の上位3桁/datファイル」

板の復帰

subject.txtが壊れた時に実行するコマンド。
名前欄は「復帰」、メール欄に「パスワード」。本文は不要。

開発メモ

gzip対応。apacheモジュールのmod_deflateを有効にして「/.htaccess」に
<FilesMatch "\.(dat|txt)$">
SetOutputFilter DEFLATE
</FilesMatch>

参考:https://httpd.apache.org/docs/2.4/ja/mod/core.html

【Windows】ApacheをインストールしてPHPと連携させる

前提条件

  • PHPはインストール済み
  • PHPの設置場所は 「c:/tool/php/」
  • Apacheの設置場所は「c:/tool/apache/」とする

Apacheのダウンロードと設置

https://www.apachelounge.com/download/ から Win64版バイナリ をダウンロードする
解凍したら、中にある「Apache24」フォルダを設置場所に移動する

Apacheのインストール

  1. コマンドプロンプトを管理者権限で起動する (スタートボタンを右クリック)
  2. 「c:/tool/apache/bin/httpd.exe -k install」 でインストール完了

インストールするとサービスとして登録され、Windowsの起動とともにApacheも起動する

httpd.confの設定

「apache/conf/httpd.conf」を開いて設定する

  • 「Define SRVROOT」にapacheディレクトリのフルパス
  • 「DocumentRoot」を設定する。 (http://localhost/ に対応したディレクトリのこと)
  • 「DirectoryIndex」に index.php を追加する (空白区切り)
  • 最終行に次の3つを追加する
LoadModule php7_module "C:/tool/php/php7apache2_4.dll"
PHPIniDir "C:/tool/php/"
AddHandler application/x-httpd-php .php

mod_rewriteを使えるようにする

※これは任意

  • 「LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so」のコメントアウトを外す
  • DocumentRootの設定にある AllowOverride を All に変更する

PHPの設定

今度は「php/php.ini」を開いて設定する

  • 「extension_dir」をフルパスに変更する。これを行わないとエクステンションが読み込めない

curlエクステンションだけ読み込めない場合は「php/libssh2.dll」を「apache/bin」にコピーする

Apacheの再起動

「apache/bin/ApacheMonitor.exe」を起動し、Apacheを再起動させると設定が反映される

以上

かちゅ~しゃ復刻プロジェクト

名称未定-1.png

2chブラウザのかちゅ~しゃをweb上で復刻させたい。
最初は掲示板として動作するように。

難関の1つは外観。そっくりに作りたいが難しい。

作成記録

1日目:上部アイコン、板一覧の外観を作った。サムネの通り
2日目:スレ一覧、タブ、スレッドの外観を作った。75点
3日目:投稿フォームの外観を作った
4日目:bbs.cgiを作った
5日目:mod_rewrite関連
6日目:スレ一覧の表示機能、スレッドを立てる機能
7日目:スレッドの表示機能、レスする機能

疲れたので、しばらくお休み

開発参考リンク

XHR2でサブドメインのワイルドカードOriginに対してCORSを許可する設定、他。
【PHP】2ch互換の「トリップ」をPHPで生成する | れいぶろぐ

抵当権抹消登記を自分でやる(郵送)

住宅ローンを返済すると、金融機関から抵当権抹消についての書類が送られてきます。
その手続きを自分でやった時の記録。

抵当権抹消手続きは、対象不動産を管轄する法務局へ提出する必要があります。
近所なら直接窓口へ行けば良いのですが、今回の物件は遠方で足を運ぶのが大変なので、郵送で行った。オンラインでもできるのですが、システムがクソだったので諦めた。

抵当権抹消手続きは司法書士に依頼できますが、総額2万円ほど掛かるので却下。
自分でやれば3,000円です。

提出するもの

次の6点を同封し、簡易書留で提出した。

1. 抵当権を設定した記録

金融機関から送られてくる。
いろいろ呼び方があり、登記識別情報、登記済証、抵当権設定登記済証など。

大きな朱印で「登記済」「受付」などと押されているのが目印

2. 抵当権を解除した記録

金融機関から送られてくる。
これもいろいろ呼び方があり、登記原因証明情報、解除証書、弁済証書など

自分の場合は、抵当権を設定した紙に裏書されてただけです。(解除の書類はなかった)

3. 委任状

金融機関から送られてくる。
必要事項を記入しておく。

4. 申請書

法務局からダウンロードして、自分で印刷し記入します。(後述)

5. 収入印紙

登録免許税と呼ばれているもの。これは収入印紙で支払います。

通常は、土地1件1000円+建物1件1000円で、2000円分の収入印紙が必要になります。
(抵当権は土地と建物の両方に設定されるため)

  1. 収入印紙を郵便局かコンビニで購入する
  2. A4コピー用紙に収入印紙を貼る。(収入印紙には判子を押してはダメ)
  3. 申請書とコピー用紙をホチキスで止める。左止め
  4. 申請書とコピー用紙の境目に割印する。申請書に押す判子を使う。認印で十分

※料金で注意する点として、物件によっては土地が2つ以上に分かれていることがあります。
例えば、建物用土地+私道用土地みたいに2つに分かれて登記されてると、土地だけで2000円の料金となり、計3000円が必要となります。不動産の登記情報を良く確認してください

6. 返信用の封筒

登記が完了すると、法務局から書類が返信されます。そのために封筒が必要とのこと。
封筒に自分宛の住所・氏名を書いておき、切手を貼っておく。

自分の場合は、角型2号の封筒に460円分の切手を貼っておきました。
簡易書留で返信してくるので、多額の切手が必要になる。(郵送料140円+簡易書留料320円)

(参考情報)
返信用の封筒にはレターパックプラスというものを使うと、封筒や切手代に悩まずに済みます。
520円で郵便局かローソンで購入可能。書留機能もあり、提出用にも使えます。
レターパックライトは書留機能がないのでNGです。

申請書の書き方

抵当権抹消登記の申請書は法務局からダウンロードします。
戸建てと区分所有権付き(マンション)の2つがあるので、自分に合った様式をダウンロードします。

申請書はA4の紙に印刷します。ワープロかボールペンで記入していきます。鉛筆はNG

申請書は「抵当権を設定した記録」と「抵当権を解除した記録」を見ながら書き写すだけです。
以下は「区分所有権付き」の記入例です。
登記申請書.png

(注1) 順位番号とは「抵当権を設定した記録」にある乙区の順位番号のこと
(注2) 原因は「抵当権を解除した記録」にある日付。解除か弁済かも記載されている
(注3) 権利者(あなた)の住所が引っ越しで変更した場合は、別途、住所変更の登記が必要。市町村合併による変更なら不要。
(注4) 会社法人等番号がないと、別途書類が必要になる

(注10) 申請者の押印を忘れずに。認印でOK
(注12) 登録免許税=収入印紙
(注13) 不動産の表示には「抵当権を設定した記録」にあるものを書き写していく
(注14) 不動産番号が分からなければ空白で
不動産番号があると「敷地権の種類」と「敷地権の割合」以外は記述不要らしい

  • 申請日は郵送の場合は不要のようです。(申請日=到着日のため)
  • 捨印を押しておくと、軽微なミスは向こう側で修正してくれるかも

提出先と提出方法

提出先は対象不動産を管轄する法務局です。自分が住んでる近所の法務局ではないので注意。
法務局の管轄や住所は法務局のホームページから探せます。

提出用の封筒には、法務局の住所に加え不動産登記申請書在中と書いておきます。

全て終わったら郵送ですが、簡易書留で送る必要があります。
書留はポストへ投函できないので、郵便局へ行って窓口に渡してください。

結果は1週間程度で送られてくるでしょう。

PHPの汎用ライブラリ function.php

概要

PHPの汎用ライブラリ「function.php」を公開。
自分が良く使う関数やクラスをまとめたものです。総数100個以上。

公開にあたって、ソースと説明書を全面的に刷新した。

コンセプト

今回のコンセプトはやりすぎないこと。
あれもこれもやりたい所をグッと堪えて控えめに。

説明書とコード

function.php 説明書

カテゴリー PHP

SSDの長期使用による寿命の確認

SSDで気になることといえば寿命ですが、SSDを実際に7年間使用してみた結果。

使用中のSSD → Intel SSD 330 (180GB・MLC)

2012年に1万円で購入。十分に元を取った。

Crystal Disk Info

asas.png

総使用時間は5.6年
総書き込み量は21TB
健康状態は正常100%。元気一杯!

Crystal Disk Mark

cdm7

[WSH] JScriptでクリップボード

JScriptからクリップボードを利用する。
完璧な方法が分からないため、とりあえずできるレベルです。

コード

function setClip(text){
    var clip = WScript.CreateObject('WScript.Shell').Exec('clip');
    clip.StdIn.Write(text);
    clip.StdIn.Close();
    WScript.Sleep(50);
}

function getClip(){
    var clip = WScript.CreateObject("htmlfile").parentWindow.clipboardData;
    return clip.getData("text");
}

set時はDOS窓が表示される。非同期っぽい動作をするので、おまじないでSleepを入れている。

メモ

powershellを利用して取得する方法。窓が表示される

var clip = WScript.CreateObject('WScript.Shell').Exec('powershell -command get-clipboard');
var str = clip.StdOut.ReadLine();

【簡単】2018年最強の将棋エンジンを使う

2018年最強の将棋エンジンをインストールします。簡単に導入できます。

ダウンロード

tanuki.zip 30MB

ファイルを解凍したら、将棋ソフトから「YaneuraOu.exe」を追加するだけインストール完了。

例えば、ShogiGUIなら「ツール → エンジン設定 → 追加ボタン」から追加できます。(マニュアル)

備考

・WCSC28のたぬきです。(配布元)

・デフォルトのエンジンはSSE2版なので遅いです。
高速な AVX2版  も用意しています。ダウンロードしたらYaneuraOu.exeを上書きしてください。
AVX2版は「Intel 第4世代(Haswell)以上のCore」か「AMD Ryzen」で動作します。

・1万ノードで初段、10万ノードでアマトップクラスの強さ
試しに「10万ノード vs ぴよ将棋w最強(Lv30・3段+)」で対戦してみたら、たぬきの10戦10勝でした。

WSH JScriptで入力ダイアログにIEを使う

WSHのJScriptには、なんとGUIの入力ダイアログがないのですが、IEと協力すればHTML製の入力ダイアログを作ることができます。

作り方 HTML側

  1. HTMLファイルを作成し、入力フォームを記述します。(例: input.html)
  2. 入力完了ボタンが押されたら、何かDOMを変化させます。これがポイントです
<button onclick="document.submit=1">OK<button>

作り方 JScript側

  1. JScriptでIEを操作してHTMLファイルを開きます。ローカルなら絶対パス(C:\~)で指定します
  2. Sleep付きの無限ループで、DOMの変更を検知する
  3. DOMが変更されたらループを脱出して、後はフォームの内容を取得すれば完了です

コード

HTMLファイル(input.html)はスクリプトと同じフォルダに置いてあるとします

var htmlfile = WScript.CreateObject("Scripting.FileSystemObject").getParentFolderName(WScript.ScriptFullName) + '\\input.html';
var document = IE(htmlfile, true);

while(!document.submit){
    WScript.Sleep(100);
}

// document.querySelector()等でフォームの内容を取得してください
// IEを終了させるには → IE.browser.Quit();


function IE(url, visible){
    if(!IE.browser){
        IE.browser = WScript.CreateObject("InternetExplorer.Application");
        if(visible){
            IE.browser.Visible = true;
        }
    }
    IE.browser.navigate(url);
    for(var i = 0; i < 300; i++){
        if(!IE.browser.Busy && IE.browser.readyState === 4){
            break;
        }
        WScript.Sleep(100);
    }
    return IE.browser.document;
}

プログラミングの勉強法/教育法を考える

プログラムを書く上で最低限必要そうなものを並べてみる

データ…文字列、数値、真偽、無、配列、連想配列
制御…代入、条件分岐、ループ、関数
入出力…入力、出力

最初はデータから入るのが良さそう。JSONを書かせる感じ

他に必要なこと

・マニュアルの調べ方
・エラー文

【Windows】将棋ウォーズの棋譜ダウンローダ

将棋ウォーズの棋譜を一括ダウンロードするWindows用のソフトです。

名称未定-1.png

ダウンロードと使い方

2020/01/16 棋譜ページの仕様変更に対応
https://github.com/worldace/shogiwars/archive/master.zip

使い方は、まずIEウォーズにログインしてください。(ログイン済みなら不要)
それからプログラムを実行してください。KIF形式で保存します

仕様

・直近30日の棋譜のみダウンロードできます
・Windows専用です
・指導対局には対応していません

JavaScriptから利用するWebAPIを考える

WebAPIといえばRESTFulが有名ですが、JavaScriptから利用する場合はちょっと使いにくい気がするので、別の何かを考えてみる。

JSON-RPCを試してみる

JavaScriptからAPIを叩くときは、次のように書けると自然

const 戻り値 = await API.関数名(引数1, 引数2);

これをJSON-RPCに変換。JSON-RPCはこんな感じ

{
"jsonrpc": "2.0",
"method": "関数名",
"params": [引数1, 引数2],
"id": 0
}

送信プロトコルは、基本的にはHTTPで。送信先URLは固定、メソッドもPOSTで固定。
テキストを送信できればいいので、他のプロトコルでも可能。

APIからの応答内容は次のような感じ

{
"jsonrpc": "2.0",
"result": 戻り値,
"id": 0
}

複数の関数を1度に送信する

API呼び出し

const 戻り値 = await API(["関数名1", 引数1, 引数2], ["関数名2", 引数1]);

送信JSON-RPC

[
{"jsonrpc":"2.0", "method":"関数名1", "params":[引数1, 引数2], "id":0},
{"jsonrpc":"2.0", "method":"関数名2", "params":[引数1], "id":1}
]

応答JSON-RPC

[
{"jsonrpc":"2.0", "result":戻り値1, "id":0},
{"jsonrpc":"2.0", "result":戻り値2, "id":1}
]

認証

認証は次のようなフィールドをJSON-RPCに含める

"auth": "id:pass"

エラー

エラー時のJSON-RPC例

{
"jsonrpc": "2.0",
"error": {"code": -32600, "message": "Invalid Request"},
"id":0
}

参考:https://qiita.com/laqiiz/items/483b9eea2e663222e8fb

jrpc

JSON-RPCにおいて”jsonrpc”と”id”は面倒なので、実装では省略する。
送受信JSONは、単数の場合でも常に配列とする

JSON-RPCとは互換性がなくなるが、特に問題はない。
オリジナルになるので、名前はjrpcとしておく。

HTML5製のコメント付き動画プレイヤー「jsplayer」新バージョン

ブラウザで動くHTML5製の動画プレーヤー「jsplayer」の新バージョンです。
ひまわり動画や独自のコメントを流すことができます

ダウンロードと使い方

https://github.com/worldace/jsplayer/archive/master.zip
2019.05.13 プログレスバー(青いバー)の修正

PHPが動くのが動作条件です。
詳しい設置方法や使い方は同梱の説明書をお読みください。

変更点

・コメントの読み込み方法を変更
新バージョンではひま動のコメントをPHPのプロクシで読み込むように変更

・設置方法の変更
jsファイルを読み込むように変更。それに伴いオプションの指定方法も変わりました

機能とデザインは前バージョンと同等ですが、ソースを全面的に書き直したので少し異なるかも?

パステル色 カラーコード

名称未定-1.png
パステル色のカラーコード

濃い→普通→薄いの順

———————————————
青 #3c93d5 #55acee #6fc6ff
———————————————
緑 #15b358 #2ecc71 #48e68b
———————————————
赤 #ce3323 #e74c3c #ff6656
———————————————
紫 #82409d #9b59b6 #b573d0
———————————————
橙 #cd6509 #e67e22 #ff983c
———————————————
黄 #d8ab00 #f1c40f #ffde29
———————————————

カテゴリー CSS

JavaScript製の将棋棋譜再生プレイヤー「将棋タイム」

概要

将棋タイムは、ブラウザ上で将棋の棋譜を再生するJavaScript製のプレイヤーです。
KIF形式の文字列を美しいHTMLに変換します。

名称未定-1.png

ダウンロード

2019/11/05 将棋盤の左半分をクリックした時は、1手前に戻る動作にした
https://github.com/worldace/shogitime/archive/master.zip

使い方

1. shogitime.jsを読み込む
2. 属性type=”kif”を持つタグを用意します。scriptタグ推奨
3. そのタグの中に「KIF形式のテキスト」または「KIFファイルのURL」を貼り付ける

これだけでサンプル画像のように自動変換されます。

指し手コメントの表示、任意局面から開始、変化手順、評価値グラフなどの機能もあります。
詳しい使い方はZIP中の説明書をお読みください

KIF形式について

・Web上で作成するなら、局面図をWebで作成
・Windows上で作成するなら、ShogiGUIで「編集 → 棋譜コピー → KIF形式」

KIF形式サンプル

指し手のみの最もシンプルなKIF形式

1 2六歩(27)
2 4二銀(31)
3 2五歩(26)
4 3二金(41)
5 7六歩(77)
6 3一角(22)
7 3八銀(39)
8 5四歩(53)
9 2七銀(38)
10 5三銀(42)
11 2六銀(27)

局面図のみ。これもKIF形式。

後手の持駒:なし
  9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ 銀 ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 ・ 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし

詰将棋の作り方

解答付き詰将棋の作り方をShogiGUIで説明します。

1. 局面編集 → 局面編集開始
2. 局面編集 → 詰将棋初期配置
3. (駒を配置してください)
4. 局面編集 → 局面編集終了
5. 詰ボタン → 思考タブに読み筋が表示される → それを右クリックして「読み筋を分岐に追加」
(一手一手駒を動かして、正解の手順を自分で操作入力してもOK)

これで完了です。あとは
テキストで保存するなら: 編集 → 棋譜コピー → KIF形式
ファイルで保存するなら: ファイル → 名前を付けて保存(KIF形式)

開発状況

・将棋盤のサイズを変更できるように
現在はピクセル決め打ちなので無理。どうすればいいのか、長期的な課題

・一文字駒が欲しい
1文字駒、裏が赤い、フォントはモトヤ新楷書3、SVG、影はCSSでやれよさげ
モトヤ新楷書3.png

・IE/Edgeでレンダリングがバグる
ダイアログを表示したりすると、マス目がおかしくなる時がある
1ページに2つ以上将棋盤がある時に発生する?再現性が分からない

・(内部的な話)
selectedIndexが描画関数の外に出てるのを直したい

・終局表現(詰み)以降のコメントが拾えない

将棋、最後のまとめ

独学での勉強方法

得意戦法を1つ身に付ける
その戦法を使うユーザを探し、その棋譜を読みまくるのが上達の近道
自分より上手くて、指し手を理解しやすいユーザを見つけよう

ウォーズなら「マイページ → 対局結果・棋譜一覧 → 戦法のタグ → このコレクションを獲得した棋譜一覧を見る」と進むと、その戦法を使うユーザを探すことができる。

他には棋士団を戦法名で検索したり、観戦するなどして見つける

詰将棋
1手すらすら→3手すらすら→5手すらすらの順番で
同じ問題を何度もやる方が効果的
初段なら3手すらすらができて、5手をやり始めるくらい
詰将棋のコツ

→暗算力(脳内で駒を動かす力)強化に役に立つ

実戦+感想戦
kifudownloaderで棋譜をダウンロードしてShogiGUIで検討
前回の感想戦→実戦の順番が良い(反省を生かしやすい)

ベストな勉強方法

上手い人に教えてもらいながら指すのが一番効率的
独学だと、自分に何が不足しているか分からないため

対局中心得

・3手以上先を読む

・思い付きで指さない

・角道と飛車道の確認

・持ち駒の確認
–何か技が決まらないか

・相手陣の確認
–駒の打ち込み所
–角頭や桂頭を狙えないか
–浮いている駒
–駒の連結を外したり、移動させることでチャンスが生まれる所

・目には目を
角には角を、飛車には飛車を、銀には銀を、桂馬には桂馬を
駒を取られそうになったら、こちらも駒を取りに行く
最低でも互角に持ち込もうとしたり、損失を少なくすることが大事

・(相手玉に迫ってる場合)詰みや詰めろの確認
(相手玉に迫ってない場合)寄せの構想を考える

・中盤の考え方
相手の攻撃を封じつつ、相手玉に迫りつつ、詰ますのに十分な駒を蓄える

・暇な時
–自陣の整備
–歩交換
–端歩を突く

読みよりも状況判断

先を読むのは重要ですが、それ以前に重要なのが状況判断

的確な状況判断 → 読み筋が絞られる → 先を読む

最後に

将棋は2人用対戦ゲームというジャンル。
個人的にこのジャンルは、小学生の低学年時に卒業したことを思い出した。

勝った時は嬉しいから報酬が得られるが、負けた時は悔しいので損失となる。
勝率50%としても両者を足してマイナスになるのが、このジャンルがマイナーな理由だろう。

小さい子供だと(純粋で単純なので)勝った時の報酬が大きいけど、成長するにつれてそれが小さくなっていき、いつか収支がマイナスになってしまうのが分岐点。
自分の場合は小3くらいだったと思うが、一般的には果たしていつだろうか。

※3人以上の対戦ゲームは中学生くらいまでは楽しめた。
仲間との協力や裏切りなどが、ゲームに勝ち負け以上の深さを与えてくれたのが理由だろう

浮かむ瀬改をインストール

将棋ソフトの浮かむ瀬改をインストールします。
レベルが設定できるUSIのエンジンです。

前提条件

将棋GUIがインストール済みであること

ダウンロード

両者とも解凍します。
前者で必要なのは「ukamuse_kai2_1.exe」だけなので、それを後者を解凍してできたフォルダ「ukamuse_sdt4\bin」にコピーします

エンジン追加

将棋GUIからエンジンを追加してください。

ツール → エンジン設定 → 追加

ukamuse_kai2_1.exe を指定すればOK

エンジンの設定

エンジンの強さを設定します。

ツール → エンジン設定 → ukamuse_kai を選択して → 設定

設定のポイントは2つだけです。

Ex_Nodes … ノード数。大きいほど強い
Ex_Random_Eval … 悪手率。大きいほど弱い

参考サイトによると、具体的な数値は下記の通りです。

初期値は20000と400でレーティング776相当。ウォーズ1級くらいの強さだそうです。

レーティング Ex_Nodes Ex_Random_Eval
196 2000 400
776 20000 400
967 20000 300
1742 20000 100
1984 20000 10
2681 200000 10

初手78銀

嬉野流といえば初手68銀ですが、これを操作ミスで78銀と真上に上がってしまった場合。

矢倉+早繰り銀へと変化が可能とのことです。

▲7八銀      △3四歩      ▲6八玉      △8四歩      ▲7九玉      △4二銀
▲2六歩      △3二金      ▲2五歩      △3三角      ▲7六歩      △8五歩
▲4八銀      △8六歩      ▲同 歩      △同 飛      ▲8七歩      △7六飛
▲3三角成    △同 銀      ▲7七銀      △7四飛      ▲7八金      △8四飛
▲3六歩      △7二銀      ▲5八金      △5二玉      ▲6八金右    △7四歩
▲8八玉      △7五歩      ▲3七銀      △7三桂      ▲4六銀      △9四歩
▲9六歩      △9五歩      ▲同 歩      △9七歩      ▲8六銀      △7六歩
▲6六角      △8一飛      ▲3七桂      △6五桂      ▲3五歩      △同 歩
▲4五桂      △4四銀      ▲2四歩      △同 歩      ▲同 飛      △2二歩
▲9四歩      △4五銀      ▲同 銀      △3三角      ▲同角成      △同 桂
▲5六銀      △9六桂      ▲9七玉      △7七歩成    ▲同 桂      △同桂成
▲同金右      △7六歩      ▲同 金      △6四桂      ▲7五金      △6九角
▲6八金

参考:https://shogi.ne.jp/4277/

対居飛車なら矢倉。
対振り飛車なら左美濃+引き角かクルクル角。

どちらも守備的なので難しい気がする

大人がゲームをやらなくなる理由

子供の頃はゲームを通じて楽しい体験を沢山してきたが、
今、大人になってゲームをやろうとしても、その時の体験を超えるのは無理だろうという潜在意識が存在して、それがゲームをやる妨げになっている気がする。

上手くは説明できないが、心理的なハードルが高くなってしまうのは間違いない。

WebMoneyを入手するための道のりが遠かった

WebMoneyが500円分欲しかったので、コンビニ(711)に売ってるかなと探してみたら2000円からしかなかった。
2000円もいらないので、もっと安く入手できる方法がないかと調べたら、他のコンビニで1000円から買えるようだが、少し面倒そうなのでパス。

さらに検索したら、自分が使っているクレジットカードのポイントで貰えるようなので、ポイント確認のためクレジットカードの明細書をゴミ箱から漁る。

明細書を無事発見して確認したらポイントが少し溜まっていた。
200Pで1000円分のWebMoneyが貰えるようだ。
これに決定。

WebMoneyと交換するには、クレジットカードのサイトで登録が必要とのこと。
以前登録した記憶があったが、諸事情で解約したはず。

これは再登録すればいいみたいなので、クレジットカードの情報を入力して再登録をする。(大変)

再登録が完了したからログインするも、ワンタイムパスワードが必要とのこと。
メールを確認してから、それを入力。(面倒)

ログインしたら今度は秘密のパスワードが必要とのことで、それを考える。(面倒)

ログインしたが、ネット登録すると明細書が郵送されなくなる(嫌がらせ)ので、それは困るので拒否できるか調べる(面倒)

どうやら郵送希望はログイン画面でできるようだが、ちょうどメンテナンス中とのことで数日間待つ必要があった(面倒で忘れそう)

郵送希望は後回しにして、ようやく目的の交換へと辿り着いたが、今度は自動応答による電話確認が必要ということで、電話を掛ける(超面倒)

1回目 → 電話番号が非通知だったので拒否される。検索して調べる(電話番号の先頭に186が必要)
2回目 → 電話は通ったが、プッシュによる自動入力ができず断念。また検索して調べる(トーン*を押す必要があった)

3回目の電話でようやく成功。

最後の手間はWebMoneyの番号を控えること。
これを忘れると、また電話からやり直しという罠が。